20120708

to-kitchen: opened!!


地域の台所「藤吉」がオープンしました!
オープン当日は約400名の来客数で、とても賑わっていました。





















以下コンセプト文です。



この建築には四つのコンセプトがあります。歴史、波、三つの空間、開放性です。この四つが連関し、結びあうことで、総菜のテイクアウト、カフェ、物販、ギャラリー、イベントスペース、コワーキングスペースなど、機能が複合する大きな場を統合しています。


富山県魚津市、1956年9月10日に魚津大火がありました。この建築はその後につくられた防火建築帯のリノベーションです。50年をこえる歴史の中で培われたコンクリートの躯体を隠すのではなく、人々に記憶として残していくために表します。既存の壁と天井を剥がすことによって表れた、杉板の型枠の模様や、斑のあるコンクリートブロック、左官の波模様仕上げを、この建築と魚津の歴史として継承します。


この建築には、いくつもの波があります。波打つ畳、壁、天板。それらによって、この場所自体に流動的な動きをもたらそうとしています。地元の方々はもちろん、市外や県外からも人々が訪れるような、食をテーマとした情報発信の拠点となることをめざします。


コンクリートの空間、白い空間、木の空間の三つの空間があります。コンクリートの空間は、歴史を感じる空間です。白い空間は、厨房がもつ清潔さとギャラリーのための抽象性という特徴を併せもっています。魚津の杉を用いた木の空間は、新しい創造の場となります。いろんな業種や年代の人々が集まり、ここから新たな魚津のまちについて考える新しいパブリックな場です。


商店街から裏の路地まで見渡すことができる程の開放的な空間にすることで、街•店•人の相互的なコミュニケーションが生まれる場の共有をめざしています。違うグループ同士の会話や顔が見えることによって、積極的に関係が生まれるきっかけをつくっています。ここで生まれたつながりが、さらに大きなネットワークとなり、魚津のまちをより良くすることに貢献していくことを願っています。




The design of to-kitchen centers around 4 main ideas: history, flowing forms, spaces marked by their materiality, and openness.  These ideas, when tied together, create a cohesive space for the many functions and areas of to-kitchen.

As the building retains half a century of history and character from the previous owners, we wanted to exhibit elements of the former building in our design by exposing some of the original concrete and columns.    Additional smaller details of past usage can be seen in older exposed electrical sockets and even the negative imprint of stairs in the walls.  These visible elements link the new design back to the original structure through the original materiality.

Uozu’s close distance from the sea allows us also to bring the idea of flowing movement into to-kitchen.  The unique waving tatami floor, the sloping wall of the kitchen and café, and other smaller curving elements in furniture allow visitors to always feel as sense of gentle movement as they themselves flow through to-kitchen's various spaces.
                                                                                            
The flowing curves mentioned above help to unify the three main spaces which are defined by their materiality.  The kitchen, café, and gallery require a clean backdrop for their activities and, as such, have a while finish with accents of wood.  Adjacent is the coworking, meeting, and seating areas which, in order to have a warmer, more inviting atmosphere, are enclosed by a box-room of cedar and tatami.  Lastly, the shop interior, the most functional of the three spaces, links back to the historical shop use and therefore exhibits the previously mentioned existing concrete quite strongly. 

While not often experienced in Uozu, the feeling of openness and creating a unified space throughout to-kitchen’s large floor area was quite important. We felt that rather than enclose individual rooms, by leaving them open to each, visitors may feel a sense of curiosity and wonder about the other spaces.  For exapmle, even the kitchen is not hidden entirely, but has windows from which to view food preparation.   Additionally, leaving the entire space free of partitioning walls allows for a favorable connection not just between users, but also between the user, to-kitchen as a whole, and the shopping street outside.


No comments:

Post a Comment

Post a Comment